診療内容

眼精疲労

原因

1.デスクワーク

デスクワーク

パソコンや携帯電話の画面を長時間見続けたり、手元で細かい作業を行っていると、目のピント調節を行っている毛様体筋が疲弊し、目に疲れが出ます。

2.メガネやコンタクトレンズ

メガネやコンタクトレンズ

自分に合ってないメガネやコンタクトレンズをしていると、毛様体筋が無理にピントを合わせようとして、目に疲れが出やすくなります。

3.老眼

老眼

目線を近くから遠くにうつそうとするとぼやけて見えるという症状が出始めたら、老眼の可能性があります。老眼は40歳前後から始まる目の老化で、ピントを合わせようとする力が衰え、小さな文字を長時間読むようなことが続くと目が疲れやすくなります。

4.自律神経の乱れによる血流の悪化

自律神経の乱れによる血流の悪化

ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量が減ることがあります。その結果、目の血流が悪化したり、目も乾きやすくなり疲れ目を招くことになります。

疲れ目を呈する疾患

1.ドライアイ

目を酷使したり、乾燥した室内に長時間いることで、目の表面を潤している涙が蒸発したり、分泌量が減って角膜が乾燥します。その結果、角膜に供給される酸素や栄養素が不足し、目の疲れやかゆみ、ゴロゴロとした異物感、充血といったトラブルを引き起こします。

2.白内障

加齢などが原因で、レンズの役割をする水晶体が濁った状態です。水晶体は濁ると元に戻りません。進行するにしたがって、老眼鏡をかけても細かい文字が読めなくなり、霧がかかったように視界が暗くかすみ、ぼやけて二重三重に見えたり、光がまぶしいなどの症状があらわれます。

3.緑内障

眼圧が上昇して目の神経に障害が起きるのが緑内障ですが、最近では眼圧に異常が見当たらない正常眼圧緑内障も増えています。視野の一部が欠けたり、光の周りに虹が見えたりする視界の異常の他、疲れ目や強い目の痛み、頭痛や吐き気などの症状が出ます。ただし、自覚症状がない場合も多くあります。

English Page

病院まちねっと

ドクター・インタビュー

富永クリニック眼科

〒105-0003 東京都港区西新橋1‐3‐1
西新橋スクエア3F 内幸町メディカルモール
都営三田線「内幸町」駅 A4b直結

午前
午後
  • 午前 10:00〜13:00
  • 午後 14:30〜18:30
  • 休診 土曜・日曜・祝日