診療内容

老眼

原因

原因

加齢にともなう水晶体と目の筋肉の衰えが原因です。

目には、近くの物を見るときはレンズの役割を果たす水晶体を厚くし、遠くの物を見るときは薄くするというピント調節機能が備わっています。
しかし、40歳頃から水晶体の弾力が低下し、水晶体を支える毛様体筋という筋肉も衰え、水晶体の伸縮がスムーズにできなくなっていきます。そのため、近くの物がぼやけて見えるようになります。

症状

症状

近くの文字や絵がぼやけて見えにくくなります。

おおよそ40歳前後から、早い人では30代半ばから老眼が始まり、近くの物がぼやけたりにじむようになります。
老眼が始まると65歳くらいまで症状が進行し、その後はゆるやかになります。 本や新聞を目から30cm以上離さないと読みにくく感じたら、老眼が始まっている証拠です。目が無理にピントを調節しようとするために目が疲れやすくなり、暗い所ではより見えにくく、肩こりや頭痛をともなうこともあります。

老眼鏡をかけると老眼が進むという人がいますが、これは間違いです。むしろ、近くが見えにくいままの状態で生活していると知らず知らずのうちに目が疲れ、肩こりや頭痛にも繋がりかねません。老眼鏡は早めにつくりましょう。このとき、白内障や緑内障など身近な目の疾患をチェックしてもらうためにも、まず眼科を受診し、その処方箋を持って眼鏡店に行くことをおすすめします。

English Page

病院まちねっと

ドクター・インタビュー

富永クリニック眼科

〒105-0003 東京都港区西新橋1‐3‐1
西新橋スクエア3F 内幸町メディカルモール
都営三田線「内幸町」駅 A4b直結

午前
午後
  • 午前 10:00〜13:00
  • 午後 14:30〜18:30
  • 休診 土曜・日曜・祝日