診療内容

花粉症(かゆみ・充血)

花粉症の症状

1.くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(4大症状)

花粉症の症状

花粉症のくしゃみは発作のように連続して起こり、回数が多いのが特徴です。風邪の場合は長くても1週間程度で治まりますが、花粉症の場合はシーズン中続きます。鼻水は水のようにサラサラして、風邪のときのように粘り気がある黄色い鼻水にはなりません。鼻づまりや目のかゆみも強く出ます。

2.その他のさまざまな症状

花粉がのどから気管に入ると、たんの出ない乾いたせきが続くことがあります。重症の場合は、気管支の粘膜が腫れ、のどの痛みや呼吸困難が起こることもあります。皮膚に花粉がつくことで肌が荒れたり、耳の中に花粉が入ることで耳にかゆみが起きることもあります。花粉症の症状が重いと、ぼーっとして熱っぽい、だるく倦怠感がある、頭が重いといった全身症状をともなう場合もあります。

花粉症の原因

1.スギ、ヒノキ科の花粉

日本で最も多い原因は、約8割をしめるスギ花粉です。
関東では2月中旬、東北地方では3月上旬から中旬に飛散し始めることが多く、約2カ月間続きます。花粉は、日中、晴れた日に多く飛散します。
しかし、近年飛散量が増えているヒノキ科の花粉がスギ花粉より1カ月から1カ月半遅れて飛散するので、症状が長引く場合はヒノキ花粉症を併発している可能性があります。

2.カバノキ科の花粉

花粉は1月から4月にかけて飛散します。

3.イネ科の植物の花粉

花粉症の原因となるイネ科の植物の代表はカモガヤです。全国いたるところの道端、空き地、土手、河川敷など身近な場所に繁殖し、5月から8月ぐらいまで花粉を飛ばします。

4.ブタクサなどの雑草の花粉

空き地の減少や積極的な刈り取りにより少なくなっていますが、飛散時期は8月から9月です。ヨモギによる花粉症もブタクサと同じくらいみられ、シーズンはブタクサより半月程度遅れます。

English Page

病院まちねっと

ドクター・インタビュー

富永クリニック眼科

〒105-0003 東京都港区西新橋1‐3‐1
西新橋スクエア3F 内幸町メディカルモール
都営三田線「内幸町」駅 A4b直結

午前
午後
  • 午前 10:00〜13:00
  • 午後 14:30〜18:30
  • 休診 土曜・日曜・祝日