診療内容

メガネとコンタクトレンズの処方

メガネとコンタクトレンズの処方

適切なメガネやコンタクトレンズを使用しないと眼精疲労やドライアイ、視力低下につながります。
また、コンタクトレンズは目にとっては異物ですから、適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと障害が起こりやすくなります。コンタクトレンズを使用している方は異常がなくても、3ヶ月程度に1度は眼科で定期検査を受けることを受けることをお勧めします。もしトラブルが起こった場合は、コンタクトレンズを外して、できるだけ早く受診してください。

コンタクトレンズによって起こる疾患

ドライアイ

目を酷使したり、乾燥した室内に長時間いると、目の表面を潤している涙が蒸発したり、涙の分泌量が減ったりします。また、コンタクトレンズが角膜を覆うことによって涙が角膜に行きわたらなくなり、より乾燥しやすくなります。その結果、角膜に供給される酸素や栄養素が不足してドライアイになり、目の疲れやかゆみ、ゴロゴロとした異物感、充血が引き起こされます。

角膜上皮びらん

角膜の表面(上皮)が、コンタクトレンズの装用による圧迫が原因で酸素不足になり、むくみやただれが生じます。初期は目がゴロゴロとしたり、しみるなどの比較的軽い症状があらわれます。しかし、ただれの生じた上皮が剥がれると角膜上皮剥離に進行し、その剥がれた部分から細菌に感染しやすくなります。

角膜炎・角膜潰瘍

コンタクトレンズが汚れていたり、長時間の使用によって涙が不足すると、角膜の表面に傷がつき、細菌やウイルスに感染して炎症が起きます。これを角膜炎といい、目の異物感や痛み、充血などの症状があらわれます。角膜炎が悪化し、角膜の上皮の一部が欠損するのが角膜潰瘍です。放置すると視力障害に繋がるおそれがあります。

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダストなど、アレルギーの原因となる物質が結膜に入ると、その刺激でアレルギー反応が起こり、充血やかゆみなどの目の症状が起こります。最近では、コンタクトレンズの材質も原因になると考えられています。

考えられる原因

長時間の装用による酸素不足

コンタクトレンズは角膜の表面に直接かぶせるものです。レンズで角膜に長時間フタをしている状態が続くと、涙が角膜に十分に行きわたらなくなって酸素や栄養が不足し、角膜障害を起こすことがあります。

細菌による感染

正しく洗浄・消毒を行わず、汚れたコンタクトレンズを使用していると、細菌に感染しやすくなります。とくにソフトレンズは水分をよく吸収するため、水道水で洗うと水中にいる微生物も一緒に吸着してしまい、細菌感染を起こすことがあります。また、コールド消毒が不十分な場合は、感染症の原因となるアメーバ類が生き残ってしまうおそれがあります。

コンタクトレンズの傷や変形での角膜損傷

コンタクトレンズの洗浄が不十分だったり、乱暴に扱うことで変形したり傷がついたレンズを使用すると、角膜の表面を傷つけることがあります。放置すると、そこから細菌に感染して、重症の場合には失明に至ることもあります。また、最近はアレルギーによる角膜損傷も注目されています。

処方・取扱いレンズ一覧

English Page

病院まちねっと

ドクター・インタビュー

富永クリニック眼科

〒105-0003 東京都港区西新橋1‐3‐1
西新橋スクエア3F 内幸町メディカルモール
都営三田線「内幸町」駅 A4b直結

午前
午後
  • 午前 10:00〜13:00
  • 午後 14:30〜18:30
  • 休診 土曜・日曜・祝日