診療内容

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎とは

アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜のことです。

花粉などが原因の、特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といいます。重症のものでは、子どもに多くみられる春季カタル、ソフトコンタクトレンズを使っている人にみられる巨大乳頭結膜炎などがあります。

アレルギー性結膜炎の症状

  • ・目のかゆみ
  • ・充血
  • ・目やに(涙のようにサラサラした水状のもの)
  • ・涙が出る
  • ・まぶたの裏にぶつぶつができる

アレルギー性結膜炎の原因

アレルギー性結膜炎の原因

私たちの身体には、体内に入ってくる異物を排除しようとするはたらきがあり、このはたらきのことを免疫といいます。本来、花粉などは異物と感じないしくみになっているのですが、アレルギー体質だと異物と認識して、免疫反応がはたらいてしまいます。この過剰な反応のことを、アレルギー反応といいます。

主なアレルゲンには次のようなものがあります。

  • ・スギ花粉(時期:1~5月)
  • ・ヒノキ花粉(時期:3~5月)
  • ・カモガヤ花粉(時期:5~7月)
  • ・ブタクサ花粉(時期:8~10月)
  • ・ハウスダスト(チリ、ホコリ、ダニ、カビなど)
  • ・動物の毛
  • ・コンタクトレンズの汚れ

English Page

病院まちねっと

ドクター・インタビュー

富永クリニック眼科

〒105-0003 東京都港区西新橋1‐3‐1
西新橋スクエア3F 内幸町メディカルモール
都営三田線「内幸町」駅 A4b直結

午前
午後
  • 午前 10:00〜13:00
  • 午後 14:30〜18:30
  • 休診 土曜・日曜・祝日